【春の肌はゆらぎがち・・・保湿のすすめ】雪加化粧水ローズのお話

今年は春の気配を早く感じられますね。

皆様の肌の調子はいかがですか?

 

春のような気候が気持ちいい反面、紫外線が気になりませんか?

この時期の紫外線量は初秋と変わらないくらいだそうです。

紫外線による肌ダメージは?と聞かれたら、シミ!と答えたくなりますが、実は肌の乾燥もあるのです。

 

肌は、表皮・真皮・皮下組織からなります。

おおまかに言うと、表皮は外部からの刺激から守るバリア、真皮は肌に弾力を与え、皮下組織は外部からの大きな衝撃から守るクッションの役割をしています。

 

肌に影響を及ぼす紫外線はA波、B波に分かれます。

A波は曇りの日でも窓ガラス越しでも肌に届き、真皮まで侵入し弾力やハリを奪います。

またB波は表皮までしか侵入できませんが、シミや炎症を引き起こします。

 

このような紫外線を浴びると、肌は防御のために角質層が厚くなります。

そして内部ではバリア機能が低下していき、水分を保持し辛くなるのです。

肌は乾燥していき、さらに刺激を受けやすい状態になります。

花粉症でない方や他にアレルギーをお持ちでない方でも、この時期肌がゆらぐのは乾燥によるものかもしれません。

 

そこで、私たちは保湿をおすすめします。

冬からのケアで保湿は万全!との声が聞こえてきそうですが・・・

アトリエキクの新商品雪加化粧水ローズをご存知でしょうか?

従来の雪加肌水から大幅に成分を見直しました。

バラの蒸留水をセンチフォリアから、濃厚で香り高いダマスクローズへ。

そして決定的な違いは、保湿成分を配合したことです。

 

 

柚子
柚子
ブルガリア ダマスクローズ
ブルガリア ダマスクローズ

今回新しく採用した保湿成分は、ユズ果実エキス。

これには植物から初めてのヒト角層セラミドに近い天然フルーツセラミドを含んでいます。

また、セラミドは表皮の角質層の角質細胞を保持し、水分を保つ役割をはたしています。

これを補うことで高い保湿効果、バリア機能やターンオーバーの正常化を助け、乾燥肌の予防効果や改善をもたらすと言われています。

 

香りだけではなく肌の乾燥を根本から見直す雪加化粧水ローズ。

同シリーズの雪加保湿クリームもダマスクローズの蒸留水をベースに、ユズ果実エキスはもちろん、肌老化因子を抑制すると言われるアーティチョークエキスを配合し、シアバターと植物オイルでリッチな感触のクリームに仕上げました。

 

無料サンプルの準備も整いました。

ぜひこの機会に、合わせてお試しいただけたらと存じます。

 

執筆者 | 商品開発担当 薬剤師中島


<< 期間限定 >> 試供品の送料無料キャンペーン!

無料サンプルのお申し込みは写真をクリックしてください
無料サンプルのお申し込みは写真をクリックしてください



コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    富田美穂 (金曜日, 15 3月 2019 22:45)

    化粧水をつけてみてビックリです。
    しっとり感が凄すぎる。
    保湿クリームも肌に馴染んで
    とても良かったです。