snowy 花酵母日本酒のスキンケア

古来から伝わる杜氏の手肌のみずみずしさ

 古来より「杜氏の手は白くみずみすしい」と伝えられるように、日本酒の原材料・麹に含まれるコウジ酸は肌の保水力を高め美白に導くとされています。

 雪深い白山に続く岐阜県郡上市白鳥町にある布屋・原酒造場は江戸時代から伝わる酒蔵。ここで生まれる「花酵母日本酒」は花から採取された酵母で作られる日本酒、香りが高く飲み口が柔らかな味わい深さが女性にも人気です。

東京農業大学の研究で、この口当たりの良さの理由の一つに、花酵母日本酒が製成酒の有機酸組成内で清酒中の有機酸はコハク酸・乳酸・リンゴ酸が、全有機酸の約80%を占 め、なかでもリンゴ酸が清酒に与える昧として「きれい」「爽やか」「後味が軽い」に繋がるためとわかりました。  この成分、実は肌にもとても心強い成分なのです。



美肌の秘密、旨味の成分である“コハク酸” “リンゴ酸” “乳酸”

“コハク酸”は収れん効果で肌の肌理(きめ)を細かく整え、“乳酸”は角質を柔軟にしピーリングや毛穴ケアに。“リンゴ酸”はフルーツ酸の一種で肌のターンオーバーを促進、メラニンの減少(シミ・くすみ)、毛穴詰まりの予防の為に化粧品に配合される成分。
日本酒の中でも香り高い花酵母日本酒には、これらの香りの成分がより多く含まれています。
この花酵母日本酒と高機能成分、植物由来成分を配合した「snowy(スノーウィーシリーズ)」40代の私達が使いたいスキンケアシリーズとして開発しました。



花酵母日本酒をたっぷり配合したスキンケアはこちらから

スノーウィー洗顔石鹸&ボディ石鹸へ
商品詳細へは写真をクリックして下さい
スノーウィー保湿液へ
商品詳細へは写真をクリックして下さい
スノーウィー美容液へ
商品詳細へは写真をクリックして下さい